米国株資産額公開 2020年8月

定点観測の資産額公開です。投資額と評価額の推移となります。8月分は更新をサボったのでコメント超手抜きです(笑)

2020年もSBI証券の「米国株式・ETF定期買付サービス」を利用し年間を通してVYMとVTIを積み立て投資をしています。

投資管理はエクセルからGoogleスプレッドシートに移行しました。

振り返り

上昇相場でしたが月末から下落に転じました。

取引

  • ETF
    • 定期買付でVYM(バンガード・米国高配当株式ETF)、VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)を1株ずつ。
  • 個別株
    • 取引はありません。

損益の推移

月初から後半にかけてグロース株を中心に株価が上昇しました。後半にやや失速していましたが月全体としては上昇しています。月末に円高が急速に進みましたので円ベースでは伸びが鈍化しています。

1カ月の損益の推移。結構伸びました。

為替

7月末:105.3円/ドル ⇒ 8月末:106.2円/ドル。7月に続き結構なボラティティがありました。

TradingView ドル円チャート

もしくらSP(New)

無謀にも最強のインデックス【S&P500】に挑むコーナー、「 もしくらごろファンドの代わりにS&P500インデックスファンドを購入していたら 」(略称:もしくらSP) です。

Googleスプレッドシートに変えてから仕様追加しました。より現実的な取引をシミュレートしています。VYMも参戦!

条件

  • S&P500は指数ではなくVOO(バンガード・S&P500 ETF)を採用。
  • 評価額の比較から配当込みの評価額に変更。いわゆるトータルリターン同士の比較。
  • 配当は再投資。
  • VYM と「目標リターン年率5%」が参戦。
  • 購入手数料、配当課税はくらごろファンドと同じNISAを想定(無料、無税)
  • VOO、VYMは月末の終値で購入
参考:算出表
星取の結果

先月に続き VOO > くらごろファンド > 年率5% > VYM という結果となりました。S&P500つよい。

S&P500

S&P500の6カ月チャートです。

現在株価の集計

損益が 4.10% → 8.35% → 12.93% と増加中(9月に落ちますw)。

トータルリターン

配当込みのトータルリターン、評価額を 5% 以上底上げする効果。

目標(年率5%)との比較

近頃は評価額ではなくトータルリターンで見ています。配当抜きでも目標を超えたので頑張って欲しい。

配当見込み

一番好きな狸の皮算用です。税引き後について、エクセルではNISAも加味していましたがこちらではすべて特定口座(海外課税(一部を除き10%)+国内課税(20.315%))を想定しています。NISA恒久化来ないですかね。

NISAを加味した場合の税引き後の年間配当予想額は 1,199ドル となるので 20% 程度の差があります。

配当実績

配当実績と6カ月平均です。

craftgoro fund配当額6カ月平均目標
2019年8月43.46ドル70.7ドル51.0ドル
2020年8月44.34ドル85.3ドル72.6ドル

年別の進捗です。去年の同月比で+70ドル程度。

ごちゃごちゃしてますが、ティッカー別です。増配しているか一目でわかるので便利です。

ポートフォリオ

ティッカー別

セクター別

生活必需品が高めのポートフォリオです。Microsoftが伸びているせいか情報技術も高くなってきました。QQQも加えたし。

最後に

株価がグングン伸びて今年二回目のイナズマ!と思っていましたが、月末に大型グロースに不穏な動きがありました。

8月は忙しいこと+気分的に更新をサボってしまったのでメモ程度となりました。