昇給と配当金

転職して1年と4カ月あまり、初めての給与改定がありました。

慣れない業務でしたが、転職したての一般職としてはそこそこ責任ある仕事に就き、何とかやってきました。

現在の会社でのお給料がどう推移するのかよくわかっていませんでしたが、ともあれ人事考課を経て今回の給与改定となりました。

結果ですが、、、昇給額は対前年で5万円。賞与運運を無視して12等分すると4,000円ちょっと。

少なっ!

心折れそうですが、前職に懲りてマネジメントゴリゴリを目指さないようにするので、まあ仕方なしかと。当初の目的どおり、現場業務とテクニカルに勤しもうかと。


月の収入といえば、証券口座で配当金を受け取っています。

ということで前年と違いを確認してみました。入金額なので税引き後です。

時期受取額($)受取額(円)差額(円)月間差額(円)
2017年$166¥17,926¥17,926¥1,494
2018年$584¥63,087¥45,161¥3,763
2019年$933¥100,741¥37,654¥3,138
2020年$1,088¥117,504¥16,763¥1,397

こちらは俗にいう、お金に働いてもらっているですね。

2020年は2019年と比べて16,763円の増収入となっていました。

ちなみに投資額はこちらです。

時期 投資額($)投資額(円)
2017年$12,458¥1,345,466
2018年$15,498¥1,673,776
2019年$5,381¥581,110
2020年$12,716¥1,373,318

2020年で生じた配当金の差額は、主に2019年の投資増によるものです(僅かに増配分もあるでしょうが・・)。来年も楽しみです。


お金に働いてもらう(働きに出てもらう)ことでも収入が増えることになります。

塵積って山となるを地で行くことになりますが、昇給額にめげることなく積み上げていきたいものです。